劇団TEAM-ODACについて

About

劇団TEAM-ODACとは


2006年、いとう大樹(代表)と、笠原哲平(脚本・演出)によって
旗揚げされた。ストレートなお芝居をモットーに『劇団TEAM-ODAC』を旗揚げ。
今では約25回を数える本公演に加え、お笑いライブ、演劇祭参加等も行う
注目若手劇団に成長。

若手クリエイターが集まり旗揚げした(株)Soymilk Co.のプロデュースの元
大人気シンガーソングライターグループ「Goose house」や
2015年武道館公演を大成功させた「フラワーカンパニーズ」など
ミュージシャンや音楽とのコラボレーション舞台を提案し話題に。

2015年には、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(東京都千代田区)の
オリジナル人気キャラクター「うちのタマ知りませんか?」とのコラボレーション舞台が
全日即日完売を記録。公演は業界関係者の間でも話題となり大きな注目を浴びる。

さらに、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが送り出す
初の劇団「劇団番町ボーイズ☆」「10神Actor」の舞台プロデュースに共同参画。

2016年初頭に送り出した話題のブライダル企画「小さな結婚式」とコラボレーション舞台は
業界初の試みであったが、ブライダル関係者も驚く全公演完売を記録。

オリジナル新作舞台では新たな音楽作品やストーリー原作
また小説作品とのコラボレーション等、次々と多様な
クリエイティブジャンルとのコラボレーションを提案、実現している。

数々の大人気公演は、再演企画も大盛況を博すほどで
メジャー資本が次々と参入を始めた「舞台界」の中で
確固たるクリエイティブに下支えされた「モノづくり」を志し
新しいことに挑戦を続けるクリエイティブチームとして注目を集めている。



【Soymilk/TEAM-ODAC過去作品】

2006  第1回本公演「DROP THE NEET」 (ザムザ阿佐ヶ谷)
    第2回本公演「ニートの結婚」 (中野MOMO)
    第3回本公演「明日の僕」 (池袋シアターグリーンBOXinBOX)
2007  第4回本公演「ヒカリの射す花」(中野ザ・ポケット)
    第5回本公演「いつも笑えれば」(池袋シアターグリーンBOXinBOX)
2008  落語家(古今亭菊志ん)との落語と演劇のコラボにて「皿屋敷」  (下北沢空間リバティ)
    第6回本公演「JUMP〜ドブの中の水〜」 (中野ザ・ポケット)
2008  落語家(古今亭菊志ん)との落語と演劇のコラボにて「権助提灯」 (下北沢空間リバティ)
2009  第7回本公演「Happen Jokers」 (中野ザ・ポケット)
    第8回本公演「ダルマ」 (青山円形劇場)
2010  落語家(桃月庵白酒)との落語と演劇のコラボにて「宿屋の仇討」 (ザムザ阿佐ヶ谷)
2011  第9回本公演「saigoノbansan」 (青山円形劇場)
2012  第10回本公演「浮遊するfitしない者達」 (紀伊国屋ホール)
2013  第11回本公演「ぶっ壊したい世界」 (青山円形劇場)
    再演企画公演「ダルマ」 (全労済ホール スペースゼロ)
    第12回本公演「猫と犬と約束の燈」 作・演出 (紀伊国屋ホール)
    フライドBALL企画Vol.4 『オトコと女と心とココロ』 (中野ポケットスクエア     テアトルBONBON)
    フライドBALL企画Vol.5「オレンジノート」 (明石スタジオ)
2014   第13回本公演「真っ白な図面とタイムマシン」 作・演出 (青山円形劇場)
    フライドBALL企画Vol.6 「クリーナーズハイ」 (明石スタジオ)
    フライドBALL企画Vol.7 「PLAY COMIC STORYs~落語と演劇のコラボ!~」 (明石スタジオ)
    第14回本公演「ぶっ壊したい世界」 作・演出 (紀伊国屋ホール)
    フライドBALL企画Vol.8 「JUMP〜ドブのなかの水〜」 (中野ザ・ポケット)
    舞台「真っ白な図面とタイムマシン」にて小説化
    第15回本公演「僕らの深夜高速」 作・演出 (草月ホール)
2015  フライドBALL企画Vol.9 「フリテン!!~麻雀のルール知らねぇっす~」(八幡山ワーサルシアター)
    第16回本公演「MOON&DAY〜うちのタマ知りませんか?〜」 作・演出(全労済ホール スペースゼロ)
    フライドBALL企画Vol.10「ヒカリの射す花」 (明石スタジオ)
    第17回本公演「DARMA〜ダルマ〜」 (紀伊国屋ホール)
    フライドBALL企画Vol.11『孤高のスープ』 (ワーサルシアター)
    第18回本公演「真っ白な図面とタイムマシン」 (紀伊国屋ホール)
    第19回本公演「僕らの深夜高速」 (草月ホール)
2016  フライドBALL企画Vol.12 『心の底からクエスチョン』 (明石スタジオ)
    フライドBALL企画Vol.13 『微熱に咲くサクラ』 (明石スタジオ)
    第20回本公演「saigoノbansan」 (全労済ホール スペースゼロ)
    第21回本公演「小さな結婚式〜いつかいい風は吹く〜」 (紀伊国屋ホール)
    フライドBALL企画Vol.14『整形MasterMind』 (明石スタジオ)

メッセージ

Message

いとう 大樹 / 劇団代表

大分の田舎町に育ち、Jリーガを夢見てサッカーに明け暮れる毎日だった僕も、
ヒョンなことから役者という道を志し、現在は自分で劇団を旗揚げしてたりもする。

キッかけは、目立ちたいとか、モテタイ(男の子なら分かってくれたらいいな?)といった強く言えるような大それたことではなかったんだけど、
今は役者という職業が大好きで、自分の『Life style』になっています。

きっかけは何でもいいような気がするんです。
だって、いつかけがえのないものになるかなんて誰にもわからないと思うから。

これからも役者という職業を通して、一人でも多くの方に元気や勇希や希望といった何かを感じてもらえるように一生懸命に作品に取り組んでいきます。

僕のモットーは高校野球のような熱い作品です。
そんな作品を作れる出会いをいつも楽しみにしているし、一緒に面白いことを発信していきたいです。

僕の最高の『Life style』は、そんな大切な仲間と美味しいお酒を飲んで語れるの時間かな。

笠原 哲平 / 脚本・演出

僕は、生まれ変わるのなら「変人と言われる人間」になりたい。
君の考えって変だよ……や、
君の創造って変な考えだよな~……など
言い出すときりがないけど……そんな人間でありたいなと。
しかし、現実は違ったり…(笑)
物凄く一般的でもあり、安易だったりもする。 でも、それによって作られる「自分なり」の世界を、作家として演出家として
生み出す作業に誇りをもって…とういか、楽しんでLifeしている。

台本という波に押し潰される時もあるが…最後まで書き上げた時の生みの親の気分と
それを演じるキャスト、ディレクションしてくれる心強いスタッフ達・・・。
全ては完成に向けて進んでいる。

これを仕事として選んだ、自分を「自分なりの変人」と言ってあげたい。

ようは・・・全て楽しみながらのLifestyle。

これに尽きる・・・のかな。

Makoto Ichihara / icchy☆ / 作詞・作曲・舞台音楽

小学校のころピアノに憧れ、ほどなく田舎者不良バンド(笑)に参加し、
おっさんになったこれまで、多くの音楽やCDの制作に携わってきました。

いまコンテンツの形ってすごいスピードで変わっていますよね?

たくさんの人に喜んでもらえるよう
たくさんの感激をもらってきた

いろんなカタチの作品達に恩返しがしたい

そんな気持ちで、日々制作に励んでいます。

信じていける、気持ちのある人達と
どんどん仕事をしていきたい。

こころ優しい人が好きです。


仲間になったら、酒場で一緒に
「Lifestyle」について話しましょう。

(株)Soymilkは、劇団TEAM-ODACをプロデュースしています。
CONTACT : info@soymilk-lifestyle.com