ブログ

Member Blog

小林章太郎

第14回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2020.08.21 (Fri)

スクリーンショット 2020-08-21 8.37.45
どうも!お待ちかね!
章太郎でございます!

さあ、オススメプラグインを紹介していきましょう!
今回はよく質問される、エレキギターは宅録でどういう風に録る?
という事です。

これは僕の中ではデフォルトにしている設定があるので、
ご紹介しますね!

まずはインターフェースは
universal audioのapolloです。
特にDIなどは挟まず、apolloのギターinに直接さします。

その後、apolloでは、
HAをUADの中から選択できるので、
「API Vision Channel Strip」を選択します。
もう、これが肝です!

1073等もありますが、
エレキギターを録るならapiが最高だと思っています。

特に僕はテレキャスターが大好きで、
テレキャスにはこのapiが最高にマッチします!

なんていうか、カラッとアメリカンなサウンドなのですが、
どっしりとしたふくよか感も出て、もう最高です!

この状態で素の音をProToolsに録音します。

あとは、適宜お好きなアンプシミュレーターを挟めば良いですが、
一応僕の録音後のセッティングを記載しておきます。

────────────────────────
1:Waves GTR-3 (アンプシミュレーター)

 →アンプタイプは「Punchy」か「Drive」を使用することが多いです。時にストンプの中から「Over Drive」「Vibrote」を使用することもあります。

2:Torped Wall Of Sound(キャビネットシミュレーター)

 →以前ご紹介したキャビネットシミュレーターです。記事は→→こちら←←をご覧ください。

3:UAD api 560(EQ)

 →ここでもapiの登場です!これを入れるだけで音がどっしりします。効きが超良いので、つまみは本当に少しだけ動かす程度です。

4:UAD dbx 160 or Waves Renaissance AXX(コンプ)

 →コンプは適宜使い分けます。カッティングなどアタック感が必要な時は160、そうでない時はRenaissance AXXが多いです。超歪んでいるギターにはかけないことも多いです。

5:UAD EP-34 Tape Echo

 →これはリズミカルなフレーズのときは使用しないですが、ショートディレイとして使います。設定はデフォルトのままです。特にバラードもののアルペジオなんかに非常に効果的です!ギターが上手になった気になれます笑
────────────────────────

これが僕のギター宅録のデフォルト設定ですね!
結構ギターの音褒められることが多いので、
皆さんもこれを参考に色々試してみて、最高のセッティングを見つけてくださいね!!



では、お題です!

「今、大声で叫ぶとしたら、なんて叫ぶ?」

眠いー!!です。まだ朝ですが、昨日少し遅かったので、眠くなってきました(笑)


次のお題です!

「最近読んだ本でオススメは?」です!

ちなみに僕は、少し前の本ですが、
ブロガーのちきりんさんが書かれた、『自分の時間を取り戻そう』という本が良かったです!

「生産性」というキーワードで時間の管理について書かれているのですが、
自分自身を最大限生かす為のヒントが満載でした!

普段本読んでない方もいるかもですが、本は絶対沢山読んだ方が良いと思うので、
これを機に読んでみてください!!

ではまた!

Written by

第13回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2020.02.28 (Fri)

スクリーンショット 2020-02-28 23.03.00
どうも!お待ちかね!
章太郎でございます!

今回もオススメのプラグインご紹介していきます!
今回はプラグインというか、もちろんプラグインなのですが、
LA-2Aという、リミッターのご紹介です!

こちらは、知ってる人は知っていると思いますが、
UAD-2やWAVESなど各社からプラグインが出ています。

実機のことなどはまた機会を改めてご紹介するとして、
今回はLA-2Aの有効な使い方をご紹介します!!

みなさま、バンドサウンドにストリングス等を入れた際、
レベルを上げるとうるさくなってしまうけど、
下げるとラインが見えてこない、、、様なことありますよね!

そんな時にはぜひそのトラックにLA-2Aをインサートしてみてください!!

そうすると、、どうでしょう!!
フレーズの存在感はそのままに、後ろに下がってくれるのです!!
これはPADなどステレオでひろがる様なものにとても有効です!

ぜひお試しああれ!!

では、お題です!
『2020年に、必ずやると決めてる事は??』

2020年は僕の妻がやっている羊毛フェルトYouTubeチャンネルを盛り上げたいと思います!!!
僕も音楽や編集でお手伝いしております!

もしよかったらぜひ観てみてください!
「ひまちく工房」というチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UCo8yNyWRSYYm-dYG64aOrug


では、新しいお題です!!
もうすぐお花見の季節なので、、、

「あなたのオススメのお花見スポットは??」

僕は都電の早稲田駅付近の神田川沿いの桜が好きです!
最近みにいって無いですが、、、

ではまた!

Written by

第12回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2019.06.20 (Thu)

MetricAB

どうもお待ちかね!
章太郎でございます!
皆様ご無沙汰しております!

本日もプラグインのご紹介やってまいりましょう。
今回ご紹介するのは音色を直接いじる為のプラグインではございません!
しかし自分のミックスを確実にワンランク上に押し上げてくれる強力なツールになります!

その名も「MetricAB」です!

何をするプラグインなのかと言うと、
リファレンス音源の再生(自分のミックスとの試聴比較)を非常に簡単にしてくれるものになります。
リファレンス音源くらい、DAW上に読み込めば良いじゃん!と思ったあなた!
何かお忘れではないですか?

DAW上に読み込んだオーディオは、普通マスターセクションを通りますよね??
(出力先を分ければ良いじゃんと言うツッコミはここでは無しにして下さい^^;世の中には2OUTのインターフェースを使っている人も居るのです)
そうなると、リファレンス音源にもマスターに読み込んだコンプ等がかかってしまいますね。

そうなると正確に再生されないので、マスターのプラグインをバイパス(もしくは非アクティブ化)する必要がありますね?
やってみるとお分かりになると思いますが、、
それが本当にめんどくさいのです!!(笑)

本当はちょくちょく比較したいと思っていても、めんどくさくて結局読み込んだだけになっていたり等、あなたもきっと経験があるはずです!
それの問題を一気に解決してくれて、更にメーター類等も充実しているという優れもの!

ミックスをよりイメージに近づけるためには、リファレンス音源との比較をすることが非常に近道になります!

ミックスを練習中の方にもオススメです!
よく言われるはなしで「学ぶ」ということは「まねぶ」という言葉から来ているというのは、ミックスの勉強にも非常に重要なことです。良いことはどんどん真似しましょう(笑)

ちなみに、使い方は非常に簡単で、マスターチャンネルの最終段に「MetricAB」をインサートし、お好きなリファレンス楽曲を読み込むだけ!複数曲を読み込みことも可能です。


その後再生しながら「A/B」スイッチを押すと、セッションの音と、リファレンス曲を切り替えられます!

しかもメーター類も横に並べて比較できるので、周波数分布を視覚的にも比較できます!

「MetricAB」をがっつり利用して、作ったblue but whiteの新譜があります!

下記にトレーラーもあるので宜しければ、ぜひご検討ください!!
https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=4XkxcHTTF1o&feature=youtu.be

さてお題です!
「大阪といえば!」
上り列車でサンライズ出雲・瀬戸が停車する駅って感じですね。
サンライズ最高です!

新しいお題は
「お財布はどんなの使ってる??」
です!!

僕は長財布は卒業して二つ折りのお財布にしました。
ブライドルレザーという素材のお財布で、使い込むほどにいい味が出て来ています。
気が向いた時にクリーナーなどでメンテナンスをしているのですが、その度に愛着が湧いて来ます!
以上です。

Written by

第11回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2018.10.09 (Tue)

どうもお待ちかね!
章太郎でございます!
皆様ご無沙汰しております!
季節の変わり目で体調など崩されていないでしょうか?

本日はみんな大好きUAD-2のプラグインのご紹介です!

本日ご紹介するのはこちら!!

どどーん!!
スクリーンショット 2018-10-09 18.30.32
こちらが何かというと、、、
マイクのシミュレーターになります。

こちらは同社のL22というマイクを使用して録音した音を、
後からU47やらU67やら800Gなどの音に変更でき、
更に、マイクの距離感や角度等を変更することも可能なんです!

予算の限られる昨今、1日に数曲VoRecすること等も多いですよね。。。
マイクをいろいろ試している時間などありません。。

そんな時、とりあえずL22で収録しておけば、
後から色々なマイクに変更可能になります!

音質もとても素晴らしく、メンテナンスの行き届いていない、
本物を使用するくらいなら、こちらを使用した方が良いくらいでした!

※余談ですが、先日利用させていただいた某大手スタジオの実機は、流石に非常に状態がよく、適切にメンテナンスされた機材の素晴らしさも実感しましたが。。。

とにかくこのプラグインとマイクのセットはオススメです!
しかもL22は一本にダイヤフラムが二つ付いているので、そのままステレオマイクとしても使用できるという優れもの!!

これはもう皆さん買うしかないですね!!
ぜひ買ってください!

お題に答えます!
『あなたが、好きなアニメもしくは戦隊ヒーローはなんですか?』

これは完全にスラムダンクですね!
僕の人生のバイブルと言っていい作品です!



では次のお題を発表します!!
『1日の中で好きな時間帯は何時ころですか?また、それはどうしてですか??』

僕は、18時くらいですね!
1日も終わりに差し掛かり、夕食は何にしようか等と思いを馳せるのが好きです(笑)

Written by

第10回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2018.03.15 (Thu)

どうも!blue but whiteの章太郎です!

最近僕が変わったことがあるんですが、分かりますか?
髪の毛切った??メガネ変えた??、、、いいえ!!

章太郎フリークの皆さんはもうお分かりですね!!

そう!キックがぶっとくなったのです!
今まではねぇ、苦労してEQやコンプで加工したり、
いろんな音色をレイヤーしたり色々苦労して作っていました。。。

もちろんそれでも太いキックの音色は作れるのですが、
時間のないプロジェクト、サクッとぶっとくなーれ!
そんな魔法みたいなもの、ないですよね。。。

いいえ!
あるのです!!

それが今回ご紹介するプラグイン、その名も「kick2」です!
わー!きゃー!ぱちぱちぱち!!
スクリーンショット 2018-03-15 23.00.06
このプラグインはその名の通り、kickに特化したプラグイン音源になります。
もう先ずは使って欲しいですが、もうプリセットからぶっとい音色満載で、、
本当に今までの苦労はなんだったんだ。。。
あの時間があれば、もう少し寝れたのに。。。
なんて思いが溢れ出てきてしまい、少し感傷に浸ってしまうほどの素晴らしさです!

こいつの凄いところは、
今では常套手段になったキック音色のレイヤー作業が非常に簡単にできるところです!
レイヤーしたそれぞれの音色のエディットも細かく追い込めるので、
100%イメージに近いキックが鳴らせます!
こいつでキックを鳴らせば、フロア全体を震わし、気になるあの娘のパートもゲットできるはずです!!

そんなキックの音、聴きたーい!
というあなた!!おめでとうございます!
ただいま新宿村Liveにて絶賛上演中の
五反田タイガー 3rd Stage『Funkyナース~きばらんか!~』
の劇判にてガンガン使用しております!
公演情報はこちら↓
http://gotanda-tiger.net/news/information/250

また、その主題歌の『WELCOME ABOARD!』でも使用しています!
https://itunes.apple.com/jp/album/welcome-aboard-single/1358287387?app=itunes

ぜひぜひ聴いてみて、そして実際使ってみてください!
きっと素晴らしさを実感していただけるはず!!

はい!お題行きましょう!
『バレンタインデーでもらった過去最高の数』

2-3個だと思います。


そして、次のお題は!!
「もしバンドを組むなら、どんなジャンルの音楽でどのパートを担当したい??」

ちなみに僕は、EDM系のユニットでDJがやりたいです(笑)
もしくはレコーディングエンジニア、、、って裏方じゃないかー!!
はい、以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

Written by

第9回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2017.10.06 (Fri)

IMG_3885
どうも!ご無沙汰しています!
章太郎です!

今回は、プラグインというか、
そのオススメの使い方をお話ししたいと思います。

最近(ずっと前から?)流行りのコンプの使い方のとして、サイドチェーンというものがありますよね。

キック等でサイドチェーンをかけた時に、
どうしてもリリースタイムをはやめても、
ヌルっと戻ってくる感じがあると思います。。

僕も長年この問題には悩まされてましたが、
コンプの後段にトランジェント系のプラグインを刺すことで、解決する事が判明しました!

サイドチェーンコンプでドフドフいわせたい楽曲はスタイリッシュ感が重要なので、
トランジェントを調整する事でスッキリと鋭い感じが出るので本当にオススメです!

ぜひお試しください!

トランジェント系のプラグインとしては、
僕はSPL Transient Designerをよく使います!
操作もシンプルで超オススメ( ´ ▽ ` )ノ

さて、お題ですね。
「2017年の夏の一番の思い出は?」

正直、この夏の事はあまり覚えてません。
僕に夏は来たのでしょうか??
甥っ子とプールに行こうと思ってたらもう10月です。。


そして、新しいお題です!
「得意な(だと自分では思ってる)モノマネは何ですか?」
ちなみに僕は、グーフィーのモノマネが得意です笑

Written by

第8回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2017.04.13 (Thu)

m400s

どうも!
皆様おまちかね!章太郎です!

今日は僕の大好きな楽器のお話。

僕はね、メロトロンという楽器が大好きでして、
ビートルズのStrawberry Fields Foreverという曲のイントロの楽器といえば分かるでしょうか?

この楽器はパッと見はピアノのような鍵盤楽器なのですが、
鍵盤はただの再生ボタンなのです!

といっても意味わからんでしょうが、
実は中に鍵盤数と同じ数のアナログテープが設置されていて、
鍵盤を押している最中そのテープが再生されるのです。

ということは、、、
そう!テープに録音すればどんな音でも再生可能なのです!
超アナログなサンプラーって感じでしょうか笑

冒頭に出てきたStrawberry Fields Foreverのイントロは
フルートの音なのですが、
これがもうノスタルジックで最高!!
大好き!!

そんな音を自分の曲にも入れたい!!!
しかし、こんなメンテナンスの大変な楽器はないですよ。。
値段も超高いですしね。。

まあ、最近は安いモデルも出ているようですが。

そこで活躍するのはやはりプラグインですね!
人気の楽器なので各社からメロトロンの音源が出ていますが、
一番良いのはどれだ??と色々聞き比べをしてみましたが、
一番良かったのはReasonというソフトの追加音源の
AbbeyRoadKeyboardsというものですね!

これはビートルズがレコーディングしていたことで有名な
AbbeyRoadスタジオに置いてある楽器をサンプリングした音源集です。

うん、それだけあってあの音が(気が)する!やはり音良い!
みんなもぜひ使ってみよう!!



では、お題を発表いたします!!

「ゴールデンウィークの思い出 or 今年のゴールデンウィークの予定は?」です!
今回はどちらでもお好きな方に回答してください!

ちなみに僕は、今年のゴールデンウィークの予定は
ひと月後に迫っているとある資格試験の勉強です。

他の日程でまとまった時間がとれないので、
図書館に通い詰めてがっつり勉強する予定です!!
合格しますように!!!

Written by

第七回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2016.11.16 (Wed)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-18-35-29

どうも!
皆様おまちかね!章太郎です!

今回は、プラグイン紹介というか、大したことではないけど、
知らないと困ることがあると言うことをお話しいたします。
(案外この質問を受けることがあるので。。。)

当ブログでおなじみのWaves社のプラグインのお話しです。

Waves社は、もはや説明はいらないかと思いますが、
この中でアナログ機材をモデリングしたようなプラグインが存在するんですね。

これらはなかなか素晴らしい出来で、
僕もSSLなどはミックス時にほぼ必ず登場します!

しかし、これらのプラグインをインサートした時、
静寂(完全なる無音)が欲しい時に、
これらのプラグインが邪魔になることがあります。

そう!「サー」というノイズですね!!
音が鳴っている時は気付かないと思いますが、
無音になると結構気になるんです。。。

ノイズが乗るなんて作りが安いのか?!
と思われたあなた!!(いないか。。。w)
これらノイズは実機を使った時には必ず発生するのもまでの
再現しているのです!

本物のアナログ機材を使えば絶対ノイズは出ますね?
プラグインで作った音は綺麗すぎることがあるので、
このようなノイズを付加することで、
アナログ感を演出しているのです!
心憎いですね!w

でも、やはりいらない時もありますよね。。。
その場合の解決法はGateを使ってバッサリカット!とか、
無音部分は男らしくトラックミュート!!とか
最終手段としてはこれらのプラグインを使わない!!
なんてのもあるかもしれませんがw
そんなことしなくて良いのです!

そんな時はそっと「ANALOG」というつまみをオフにして下さい!
そうすれば、怖くなるほどの静寂が貴方を襲います。

一人、静寂に包まれたい時はぜひお試しくださいw



では、お題です。
『あなたは何人兄弟ですか?また、将来子どもは何人欲しいですか?』

僕は3人姉弟です。
姉・姉・弟です!

子供はやはり3人欲しいですね!
構成は兄・兄・妹がいいです!



そして、新しいお題です!
『来年の手帳はどんなのを使いますか?!
(もし良かったらオススメの使用法やアピールポイントなども教えて下さいw)』

これ、僕が今悩んでることなのですが、
スケジュール管理はずっとスマホを使ってきたのですが、
来年は時代に逆行して、紙の手帳を使おうかと思ってます!
ただ、やっぱスマホが便利かもなぁとも思ってますw

なのでみんなが何を使うのか気になりますw参考にしたいです!

ぜひぜひ宜しくお願い致します!!!

Written by

第六回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2016.05.14 (Sat)

image
どうも!
皆様おまちかね!章太郎です!

今回は第六回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」というタイトルにも関わらず、
プラグインではない機材を紹介します!

何?タイトル詐欺だって?!「主に」だから良いのです!!

さて、気を取り直して本日の話題へ。

僕がよく聞かれる質問で、
「ヘッドフォン何を使っていますか?」
というのがあります。

その気持ち、わかります!!
僕もみんながどんなヘッドフォン使っているのか気になります。
逆に教えてもらいたい位です。。

この仕事を始めて早10年あまり。。
その間、ずっとヘッドフォンの樹海に迷い込んでいました。
「良い」という噂を聞いては使ってみて、
自分には合わずに手放すというのを何度繰り返した事でしょう(遠い目)

そんな中もう三年位前になるかと思いますが、
一つの答えに行き着きました。。。。



それが今回ご紹介する章太郎の好きな機材、「Shure SRH1840」です!

「Shure」は皆さんもテレビを見れば必ず目にしてるであろう、
SM58等のマイクを生み出した超一流メーカーです。

ちなみに僕はこのメーカーのSM57というマイクも大好きです!
(そのお話はまた後日)

カナル型のイヤフォンも有名で「シュア掛け」なんて言葉でご存知な方も
いらっしゃるかもしれませんね!

とにかくそんなメーカーが満を持して出した、
オープンタイプのヘッドフォンです!

Shureはイメージ的には密閉型のヘッドフォンのイメージがあったので、
これが出た時にはびっくりしました!!

僕はそれまで900ST等の密閉型ばかり使っていて、
ノーマークだったのですが、
知り合いのマスタリングエンジニアの方が絶賛されていて、
その方のご意見には飛びついてしまう僕なので、
迷う事なく導入を決めました!!

、、、、と言いたいところですが、
何しろお値段がわりとするもので、、
とりあえずレンタルにて試させていただきました。

するとどうでしょう、

抜けるようにスーッと伸びた高音域!
解像度の高い濃密な中音域!
過不足なく締まりの良い低音域!

「か、、完璧だ、、、」

これがこいつを試した直後に出た僕の一言です。


そしてお金の問題をなんとかクリアし、
無事に手に入れた訳です。


その後は、本当にお世話になっていて、
スタジオに行くときや、自宅作業のとき等、
あらゆる場面で僕を支えてくれています。

こいつをリファレンスとして持っておけば、
どこの環境に行ってもある程度安心して作業できます!
それくらい手放せない存在になっています。

オープンタイプのヘッドフォンは、
低音域が抜けてしまうイメージが勝手にあったので、
この自然な締まりの良い音には驚愕でした!

僕のオープンタイプに対するイメージを完全に変えてくれました!
そうなると同じくオープンタイプの「AKG K-702」あたりも気になってきますなぁ。。

とまあ、こんな感じで素敵な逸品でございます。
皆様も是非お試しあれ!高いけど。



お題です!
【あなたにとっての至福の時といえば?】

レコーディングスタジオでの後片付けですね!
スタジオに限らず、後片付け大好きです!
片付けるのって気持ち良いです( ´ ▽ ` )ノ


さて、お待ちかね新しいお題です!

「落ち込んだときの気分転換の方法は?」

ちなみに僕は歩きます。ひたすら歩きます。


ではまた!

Written by

第五回「章太郎の好きな機材~主にプラグイン~」

2015.12.23 (Wed)

スクリーンショット 2015-12-18 18.18.51
どうも!
章太郎です!

だいぶご無沙汰になってしまいましたが、
しっかり生きておりました!

今回も僕の好きな機材のお話をして参りましょう。

最近はWavesの回し者なんじゃないかと思われそうですが、
めげずにWavesのプラグインを紹介して参りましょう!

たまに、アマチュアの方とプロの方のミックスの違いって何ですか?
と聞かれることがあるのですが、
最近は機材も安価になってきたおかげで、
アマチュアの方も相当クオリティの高い作品を作られていると思います!
本当に良い時代だと思います!

しかし、この疑問にあえて答えようとすると、
それは低音域の処理なような気がします。

まぁ、ミックスなんて人によって千差万別だし、一概には言えないのですが。。。

やはりミックスをするときのモニタリング環境にはどうしても差があり、
その中でも一番大きな差は「低音域を確認できる環境」ですよね。
プロは時にはラージスピーカーなんてものも使用して、
自宅環境では絶対聴けない低音域を確認したりします。

アマの方はどうしても中音域や高音域に意識が行きがちで
低音域の処理は他の帯域に比べておろそかになりがちです。
そうすると、どうしてもスカスカな軽いミックスになりがちですね。。

そんな時!!!ぜひ使って欲しいプラグインがあります!!!

その名は「Waves Renaissance Bass」

このプラグインは何かと言うと、
低音域にかけるエンハンサーです!
とてもわかりづらいですね!!

要は低音を気持ち良く際立たせてくれるプラグインです!

僕はこれをBassにかけるのが好きで、
特にDIから直で録ったベースにかけると、
いい感じにローの量感が増してとても気持ち良くなれます。

使い方はとても簡単で、
「Freq」で強調したい周波数を決めて、
「Intensity」でかかり具合を調整します。
「Intensity」を増やすと音量も上がるので、
上がった分は「Gain」で下げて、
エフェクト前後で音量差がないように仕上げます。

ちなみにベースにかける時は「Freq」はデフォルトの80あたりで使用することが多いです。

これをやるだけでかなりいい感じのロー感が出来上がります!

もしそのあたりで悩まれている方は、
ぜひお試しください!


そして、お題に答えます。
【あなたにとって家庭の味は】

トマトフライです。

食べたことのない方も多いと思いますが、
トマトをパン粉をつけて揚げたもので、
うちの母の得意料理です!
これがうまい!!
青じそドレッシングで召し上がれ。

食べたくなってきた〜!!!



さて、新しいお題を出しましょう!

「2015年で一番嬉しかった出来事は?」

年末らしくて良いお題ですね!

年明けに答える人もいるのかな??

まぁその辺はご愛嬌ということで。(笑)



ではまたー!

Written by

最新記事

Latest Entry

メンバー

Member

いとう大樹

2020.05.12 update

ヤスマトモアキ

2019.02.20 update

三浦祐香

2020.09.14 update

中太花梨

2020.10.08 update

佐々木雄治

2020.10.14 update

佐藤太助

2020.10.11 update

佐鳥結耶

2019.05.03 update

千代反田美香

2020.10.10 update

坂場明日香

2020.09.10 update

堀 涼佳

2020.09.18 update

堂本翔平

2020.10.15 update

堤晋一

2020.09.20 update

大山アキ

2020.09.15 update

小川りな

2019.12.25 update

小林章太郎

2020.08.21 update

小西啓太

2020.09.30 update

折見麻緒

2020.09.14 update

未分類

2020.07.03 update

村野真菜

2019.10.14 update

東ななえ

2020.10.12 update

松本ちなみ

2020.09.18 update

松本唯

2019.07.07 update

梨子

2019.05.20 update

櫟原誠

2020.06.14 update

清水万莉

2020.09.19 update

渡辺ゆか

2020.09.11 update

片瀬なゆき

2020.09.15 update

直樹フェスティバル

2020.10.09 update

竹中美月

2020.09.07 update

笠原哲平

2020.07.21 update

芳賀彩香

2019.07.19 update

西原健太

2020.10.07 update

金城和己

2020.09.19 update

鏡憲二

2020.09.23 update

飯塚理恵

2020.09.28 update

高品雄基

2020.09.29 update

高松雪

2020.09.10 update